info: 仙台市

仙台市は、宮城県の県庁所在地であり、
およそ100万人もの人が暮らしています。

そのような大都会でありながらも
仙台市は太平洋と奥羽山脈に隣接しており、
街中にも緑が多くみられます。

もちろん身近にみられる鳥も仙台市で見れますので、
そちらもご覧ください。

アオサギ

ペリカン目サギ科 Grey Heron

アオサギ

水田や川岸で見かける、白く大きな体に青灰色の模様がついたサギ。
白くてスラッとしたその姿はツルに間違われることがある。
のほほんとした顔が印象的。

ウミネコ

チドリ目カモメ科 Black-tailed Gull

ウミネコ

船の上でスナック菓子を掲げるとやってくる、
ネコのような鳴き声をしたカモメ。
鳴き声が聞こえない状況では、他のカモメと区別するのは難しい。

オシドリ

カモ目カモ科 Mandarin Duck

オシドリ

「おしどり夫婦」のオシドリ。
オレンジと黒が織りなす独特な模様が印象的なカモ。
色遣いが派手なのはオスで、メスは落ち着いた色合いをしている。

カワウ

カツオドリ目ウ科 Great Cormorant

カワウ

長良川の鵜飼で使われる鵜(う)はよく似ているが別の種類。
杭の上によく止まっている。
カラスよりもずっと大きく、
初めて見るときにはそのサイズの大きさに驚くかも。

トビ

タカ目タカ科 Black Kite

トビ

トンビのこと。鳴き声が特徴的な、
いちばん身近な猛禽類(タカやワシの仲間)。
たびたびカラスと上空でバトルを繰り広げているのが目撃される。

ノスリ

タカ目タカ科 Common Buzzard

ノスリ

トビよりもずんぐりしているように見えるタカ。
トビとは異なり、翼の下面は白め。
上空をホバリングしているかと思えば、突如急降下したりする。

inserted by FC2 system